ロゴ
HOME>トピックス>慰謝料請求は問題に強い弁護士へ依頼すべき!

慰謝料請求は問題に強い弁護士へ依頼すべき!

LAW

それぞれ専門分野や得意分野がある

交通事故の被害者となってケガをした場合や治療をしても後遺症が残ってしまった場合には、物的な損害や治療費などの補償に加えて、精神的な損害を賠償する慰謝料請求を行うことができます。また相手方の不倫などが原因で離婚をする場合についても、同様に慰謝料請求を行うことが可能です。ただし慰謝料請求については一般の人が満足できる補償を獲得することは難しくなりますので、法律の専門家である弁護士に手続きを依頼することをおすすめします。弁護士は法律全般の業務を扱いますが、実際にはそれぞれに得意とする分野や専門とする分野などがあります。交通事故の案件は交通事故を得意とする弁護士に、離婚の案件は離婚を得意とする弁護士に、それぞれ相談をしてみてください。

相談

訴訟時にかかる弁護士費用

弁護士に依頼をする場合には、弁護士費用を支払うことが必要になります。弁護士費用については現在はそれぞれの弁護士が自由に設定していますが、以前に日弁連(日本弁護士会連合会)が設定していた基準に基づいて費用を請求する弁護士が多いようです。訴訟時にかかる弁護士費用については弁護士の報酬として支払う費用以外に、裁判所に提出する書類に貼付する印紙代や切手代、さらに交通費などの雑費の支払いが必要になります。慰謝料請求を行う案件については、相手から支払いを受けた金額の中から弁護士費用を支払うこともできますので、詳しくは弁護士との面談の際などに相談をしてみてください。近年では初回の相談を無料で行う弁護士が増えていますし、さらに無料の法律相談会を行う法律事務所も増えていますので、まずはこれらに足を運んでみてはいかがでしょうか。